1. ホーム>
  2. 生活・手続き>
  3. お知らせ>
  4. 農作業中の熱中症予防について

生活・手続き

農作業中の熱中症予防について

 

 農作業中の熱中症による死亡事故が、発生している状況にあります
 通常、日中の最高気温が
30度を超える7月から8月に多い傾向にありますが、近年は5月ごろであってもビニールハウス内等において死亡事故が発生しており、今年に入ってからも、農林水産省に死亡事故の報告が寄せられている状況です。
 
そこで、「熱中症予防等に関する情報」を掲載いたしますので、ご利用ください。


〇「熱中症予防等に関する情報」内容について
 ・農作業中の熱中症による死亡事故の発生状況及び事例

・MAFFアプリと熱中症警戒アラートとの連携(令和3年夏実装予定)

・熱中症警戒アラートを使用しての農作業と暑さ指数について

・夏の農作業で心がけること

・熱中症が疑われる場合の処置

・日常生活で心がけること

・熱中症対策に関する参考情報

〇熱中症警戒アラートについて
〇熱中症警戒アラート「発表時の予防行動」について

関連ファイルダウンロード

Get Adobe Reader

PDFファイルをご覧いただくにはAdobe Readerが必要です。
お持ちでない方は、左のボタンをクリックしてAdobe Readerをダウンロード(無料)してください。

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは農林課です。

真壁庁舎 1階 〒300-4495 桜川市真壁町飯塚911番地

【電話番号】0296-55-1111(代表)
【ファックス番号】0296-54-0417

メールでのお問い合わせはこちら

アンケート

桜川市ホームページをより良いサイトにするために、皆さまのご意見・ご感想をお聞かせください。
なお、この欄からのご意見・ご感想には返信できませんのでご了承ください。
返信が必要な場合は、上記のお問い合せ用フォームからお問い合わせください。

Q.このページはお役に立ちましたか?
スマートフォン用ページで見る