桜川市教育委員会

真壁伝承館歴史資料館

真壁伝承館歴史資料館

 真壁伝承館は公民館機能・図書館機能・資料館機能を持つ複合施設で、平成2391日に新規開館しました。その中で、歴史資料館は以前同地にあった桜川市歴史民俗資料館の機能を受け継ぎ、桜川市内の歴史について展示を行っています。

 真壁伝承館はかつて真壁陣屋(江戸時代の役所)があった地に建っており、建設に先立って行った発掘調査の結果、陣屋を囲んでいた堀や内部にあった池などの遺構や、多数の遺物が出土するなど、真壁陣屋の様相を知るための大きな成果を上げることができました。こうした成果に基づき、文化庁と協議の上建設に際しては遺跡の保護に配慮した工法等を採用し、駐車場や公園など真壁伝承館の敷地全体で遺跡の遺構表示などを行うなどの工夫をしています。

 歴史資料館では、計画の段階から東京大学総合研究博物館の松本文夫特任准教授の監修をいただきながら、展示を行いました。第1室では桜川市内の通史的な展示を市内各所からの豊富な出土資料を中心に行い、第2室では近年、重要伝統的建造物群保存地区に選定された真壁の町並みや、登録有形文化財となっている建物などを、古写真や筑波大学都市デザイン研究室の野中勝利教授と学生が作成した模型などを使って紹介し、あわせてそれらのルーツである中世の真壁氏と真壁城についても出土品や古文書等で解説しています。また、上述の真壁陣屋の発掘成果も展示しており、今自分が立っているその足下から出土した品々を、臨場感を持って見学できるようになっています。

 第3室は企画展示室で、通常の展示ケースとは異なる立方体の展示ケースを配置しており、多様な角度から展示品を見られるような工夫をしています。この展示室では市内の考古資料や歴史資料を中心に企画展示を年2回程度行っていく予定です。

 

所 在 地:桜川市真壁町真壁198番地

電  話:0296-23-8521 FAX0296-23-8522 ※展示内容や歴史に関することは生涯学習課へお問い合わせ下さい。

開館時間:9:0016:30  入館料:無料

休 館 日:年末年始(12/29~1/3)
アクセス:JR水戸線岩瀬駅で下車し、タクシーで約30分

 

 真壁伝承館歴史資料館の外観  常設展の様子  企画展の様子

   真壁伝承館歴史資料館の外観         常設展の様子           第1回企画展の様子

 

 


🐗
市指定文化財 猪絵旗指物(複製品)の展示🐗

 真壁伝承館歴史資料館では「市指定文化財 猪絵旗指物(複製品)」の展示を行っています。
 この猪絵旗指物は、中世に当地方を治めていた真壁氏が戦場で用いたもので、戦国時代に作られたものと考えられています。大きさが縦146センチメートル、幅180センチメートルの白絹地に、猪の体部が墨で濃淡をつけて描かれ、目は金と赤、耳・鼻孔・口は赤で着色されています。武士の守り本尊である摩利支天が猪に乗るとされており、それを意匠化したものと考えられています。
 
 『猪絵旗指物』の画像

スタンプラリー開催について


 平成25年1月19日より茨城県内の15の資料館にてスタンプラリーを開催しており、真壁伝承館歴史資料館も参加しています。

 このスタンプラリーは、それぞれの資料館に置いてある台紙に各館のスタンプを押し、5館分集めると景品がもらえるものです。詳しくは下記にあるチラシをご参考下さい。

 当館のスタンプ(うりぼうの絵柄)は資料館受付前にあります。ぜひ御参加ください。

  

関連ファイルダウンロード

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは生涯学習課 文化財グループです。

大和ふれあいセンターシトラス 〒309-1242 桜川市

【電話番号】0296-20-6300
【ファックス番号】0296-20-6301

メールでのお問い合わせはこちら

アンケート

桜川市ホームページをより良いサイトにするために、皆さまのご意見・ご感想をお聞かせください。
なお、この欄からのご意見・ご感想には返信できませんのでご了承ください。
返信が必要な場合は、上記のお問い合せ用フォームからお問い合わせください。

Q.このページはお役に立ちましたか?