1. ホーム>
  2. 生活・手続き>
  3. 生活・手続きのお知らせ>
  4. 平成30年度(平成29年分)からの医療費控除に係るお知らせ

生活・手続き

平成30年度(平成29年分)からの医療費控除に係るお知らせ

1.医療費控除等に関する添付書類の見直し

 平成30年度(29年分)の申告から医療費控除の適用を受ける際に添付する書類が「領収書」
 に代えて「医費控除の明細書」又は「医療費通知書」になります。


・医療費の「領収書」は自宅で5年間保存する必要があります。
 (税務署から求められたときは、提示又は提出しなければなりません。)

・医療保険者から交付を受けた「医療費通知」を添付すると、明細の記入を省略できます。
 (「医療費通知」とは健康保険組合等が発行する「医療費のお知らせ」などです。)

・「医療費通知書」を紛失等により添付できない場合は、これまでどおり「領収書」をもとに
 「医療費控除の明細書」を記入してください。


・経過措置として、平成29年分から平成31年分までの確定申告については、医療費の「領収書」
 の添付又は提示によることもできます。


国税庁ホームページ:医療費を支払ったとき
          医療費控除の明細書


2.セルフメディケーション税制の創設

 健康の維持増進及び疾病予防として一定の取組(注1)を行う個人が、平成29年1月1日から
 平成33年12月31日までの間に、自己又は自己と生計を一にする配偶者・その他親族のために、
 スイッチOTC医薬品(注2)を購入し、その合計金額が年間1万2千円を超えたときは、超えた
 金額(上限8万8千円)をその年の総所得金額等から控除できる特例が設けられました。
 ※現行の医療費控除と併用することはできません。

・一定の取組とは(注1)
 1.特定健康診査 2.予防接種 3.定期健康診断 4.健康診断(人間ドッグ) 5.がん検診 
 
※一定の取り組みを行ったことを証する書類が必要となります。(定期健康診断の結果通知書等)


・スイッチOTC医薬品とは(注2)
 医師によって処方される医薬品(医療用医薬品)から、ドラッグストアで購入できるOTC医薬品に
 転用された医薬品のこと。

・対象となる医薬品
厚生労働省ホームページ:セルフメディケーション税制(医療費控除の特例)について
国税庁ホームページ:セルフメディケーション税制の明細書

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは税務課 市民税グループです。

〒309-1293 桜川市羽田1023番地

【電話番号】0296-58-5602(直通)
【ファックス番号】0296-58-5115

アンケート

桜川市ホームページをより良いサイトにするために、皆さまのご意見・ご感想をお聞かせください。
なお、この欄からのご意見・ご感想には返信できませんのでご了承ください。
返信が必要な場合は、上記のお問い合せ用フォームからお問い合わせください。

Q.このページはお役に立ちましたか?
スマートフォン用ページで見る