1. ホーム>
  2. 市長の部屋>
  3. 市長あいさつ

市長の部屋

市長あいさつ

画像:市長桜川市のホームページへようこそ!


 桜川市は東京から70~80km圏で、茨城県の中西部に位置し、総面積は180.06km2です。三方を山並みに囲まれ、市の中央部を南北に、市名の由来にもなった「桜川」が流れるなど、緑豊かな自然環境に恵まれています。

 当市は、昔から石材の産地として知られ、その良質な「みかげ石」を利用した石材業や平野部の肥沃な土地を利用した農業など、地域資源を生かした地場産業が息づいているまちです。

 その一方で、豊かな歴史に彩られたまちとしても知られ、茨城県初となる国の重要伝統的建造物群保存地区の「真壁の町並み」をはじめ、安産子育ての霊場として広く知られる関東屈指の「雨引山 楽法寺」や国の重要文化財の指定を受けた三重の塔のある「富谷山 小山寺」、樹齢500年にもおよぶスダジイ樹叢(じゅそう)に覆われた「椎尾山 薬王院」、など、数々の歴史的遺産や名所旧跡が現存しております。

 また、毎年2月4日~3月3日には、真壁の町並みを主な会場として「真壁のひなまつり」が開催されます。本年度で16回目となりましたが、会期中には10万人を超えるお客様が訪れ、茨城県の早春を代表するイベントとして賑いを見せます。

 桜の季節には、古来より「西の吉野、東の桜川」と並び称された国の名勝「桜川のサクラ」をはじめ、「高嶺のヤマザクラ」、雨引山周辺の3千本の桜、つくし湖の水面に映る桜並木など、市内の山々に多数自生している山桜が、萌黄色の新緑と併せてパッチワーク模様のような眺望を見せてくれます。


 昨年度、その地域資源であるヤマザクラを活用し、『ヤマザクラと市民の幸せが咲くまち 桜川』を将来像に掲げ、桜川市第二次総合計画を策定いたしました。市民がヤマザクラについて理解を深め、まちの宝として誇りに思えるように、地域全体のヤマザクラ景観の保全やヤマザクラ文化の醸成などに取り組み、「ヤマザクラのまち」という地域の独自性を確立してまいります。

 このホームページやFacebookをとおして、桜川市の情報や魅力を発信してまいりますので、皆様には桜川市を身近に感じていただけましたら幸いです。
  皆様のお越しを心よりお待ちしております。 

桜川市長 大塚 秀喜

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは秘書広報課です。

大和庁舎 2階 〒309-1293 桜川市羽田1023番地

【電話番号】0296-58-5111(代表)
【ファックス番号】0296-58-5082

メールでのお問い合わせはこちら

アンケート

桜川市ホームページをより良いサイトにするために、皆さまのご意見・ご感想をお聞かせください。
なお、この欄からのご意見・ご感想には返信できませんのでご了承ください。
返信が必要な場合は、上記のお問い合せ用フォームからお問い合わせください。

Q.このページはお役に立ちましたか?
スマートフォン用ページで見る