1. ホーム>
  2. 子育て・教育>
  3. 子育て>
  4. 11月は『児童虐待防止推進月間』です!

子育て・教育

11月は『児童虐待防止推進月間』です!

 11月は『児童虐待防止推進月間』です!



『虐待防止ポスター』の画像『オレンジリボン』の画像

現在、親などによる子どもの虐待が深刻な社会問題となっています。虐待により子どもが死亡する事件が後を絶ちません。

児童虐待には、子どもを蹴る・殴る・叩くなどの「身体的虐待」や、子どもへの性的行為の強要などの「性的虐待」、食事を与えない・家や車の中に閉じ込め放置するなどの「ネグレクト」、また、無視をする・言葉で子どもを傷つけるなどの「心理的虐待」があります。

例え親が「しつけ」と思い行った行為であったとしても、結果として児童の心身を傷つけることになれば「虐待」となります。

 
児童虐待とは・・・?

オレンジリボンキャンペーン(運動)とは

 「オレンジリボンキャンペーン(運動)」とは、児童虐待防止のシンボルマークとしてオレンジリボンを広めることで、児童虐待をなくすことを呼びかける市民運動です。

オレンジリボンのオレンジ色は子どもたちの明るい未来を表しています。

オレンジリボンは、子育てを暖かく見守り、子育てをお手伝いする意志のあることを示すマークです。

桜川市では、毎年、11月の児童虐待防止推進月間に、子育て支援の窓口をはじめ市内のこども園・保育所、学校など関係機関にポスターやオレンジリボンを配布することで、児童虐待防止の呼び掛けを行っています。 『オレンジリボン(児童虐待防止)』の画像
オレンジリボンについて、詳しくはこちら「オレンジリボン運動公式サイト」(新しいウインドウで開きます)をご参照ください。


相談窓口

あなたの1本のお電話で救われる子どもがたくさんいます。


児童虐待は早期発見が大切です。
虐待を発見したら速やかに児童相談所や市町村に連絡することが法律で義務付けられています。
「虐待かも・・・」と思ったら、また子育てに悩んだら、下記相談窓口までご相談ください。189画像

〈相談窓口〉

児童相談所全国共通ダイヤル ☎:189「いち・はや・く」
   24時間365日対応。
   全国どこからでも、お住まいの地域の児童相談所に電話をおつなぎします。

筑西児童相談所 ☎:0296-24-1614

桜川市家庭児童相談室 ☎:0296-70-4128



子どもや保護者のこんなサインを見落としていませんか?

 

関連情報
児童虐待防止対策(厚生労働省内HP)(新しいウインドウで開きます)
筑西児童児童相談所(茨城県内HP)(新しいウインドウで開きます)


家庭児童相談室
 (桜川市公式HP内のページに移ります)


問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは児童福祉課です。

岩瀬第2庁舎 1階 〒309-1292 桜川市岩瀬64番地2

【電話番号】0296-75-3156(直通)
【ファックス番号】0296-75-4690

メールでのお問い合わせはこちら

アンケート

桜川市ホームページをより良いサイトにするために、皆さまのご意見・ご感想をお聞かせください。
なお、この欄からのご意見・ご感想には返信できませんのでご了承ください。
返信が必要な場合は、上記のお問い合せ用フォームからお問い合わせください。

Q.このページはお役に立ちましたか?
スマートフォン用ページで見る