1. ホーム>
  2. 生活・手続き>
  3. 生活・手続きのお知らせ>
  4. 第4回さくらがわ市民討議会から始まる桜川市の元気なまちづくり!!!

生活・手続き

第4回さくらがわ市民討議会から始まる桜川市の元気なまちづくり!!!

 去る8月2日(日)、市民協働のまちづくりの取り組みとして、一般社団法人笠間青年会議所、公益社団法人下館青年会議所と桜川市の共催により、「さくらがわ市民討議会」が開催されました。この討議会は、地域の代表に限らず、今まで市政に声を届ける機会が少なかった方々の意見を幅広く聴き、桜川市政の参考にする目的で開催されたものです。その運営は、共催する3者のほかに一般市民の方も交えた実行委員会が行いました。

 今年は桜川市が誕生して10周年を迎えるということもあり、今回の市民討議会では、「バック・トゥ・ザ・フューチャー桜川」をテーマに、映画『バック・トゥ・ザ・フューチャー』のストーリー同様、過去や未来、そして現在と時間を行き来しながら、この10年を振り返るとともに桜川の未来を見据えたまちづくりについて話し合いました。

 当日のグループ発表では、「農業後継者の育成や新規農産品の開発など農業の課題解決について地元の高校との連携」「交通なども含めた若者や子育て世代の住み良い環境づくり」「地域で子どもを育てる世代交流・地域交流」などの意見が多く、その他にも様々な課題解決の提案がなされました。(詳しくは添付の報告書をご覧ください。)

 その後、10月25日(日)に、今回の討議結果をまとめた報告書を桜川市に直接手渡し、提案内容を説明する機会として「さくらがわ市民討議会報告会」が行われました。報告会には討議会参加者や討議会運営に携わったスタッフが出席し、皆の思いが込められた報告書が桜川市井上副市長に提出されました。

 井上副市長からは、「皆様の桜川市に対する熱い思いをしっかりと受けとめました。桜川市では、市民みんなが魅力を感じられるまちを目指して、まちづくりの基本となる『桜川市総合計画』を作成しています。現在、平成29年度からの『第2次桜川市総合計画』作成を予定しておりますが、本日の報告内容をぜひ計画作成の参考とさせていただきたいと思います。」との挨拶がありました。市民の声がまちづくりの基本となるとの宣言でした。

 今回の市民討議会はとても内容の濃い充実したものであったと思います。しかし、これはゴールではなくスタートです。今回の報告書や今後予定されている桜川市総合計画は作成することが目的ではなく、それを基に市民と行政が一丸となって実際にまちづくりの活動を行っていくことが大切です。映画『バック・トゥ・ザ・フューチャー』の中で描かれた30年後の未来は、現在その多くが現実のものとなっています。これは30年間の地道な努力が実を結んでいるものです。私達が描く桜川も私達の努力により、必ず現実のものとすることができると思います。

関連ファイルダウンロード

Get Adobe Reader

PDFファイルをご覧いただくにはAdobe Readerが必要です。
お持ちでない方は、左のボタンをクリックしてAdobe Readerをダウンロード(無料)してください。

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは企画課 統計・国体準備グループです。

〒309-1293 桜川市羽田1023番地

【電話番号】0296-58-5111(代表)
【ファックス番号】0296-58-5115

アンケート

桜川市ホームページをより良いサイトにするために、皆さまのご意見・ご感想をお聞かせください。
なお、この欄からのご意見・ご感想には返信できませんのでご了承ください。
返信が必要な場合は、上記のお問い合せ用フォームからお問い合わせください。

Q.このページはお役に立ちましたか?
スマートフォン用ページで見る