1. ホーム>
  2. 給食食材の放射能測定について

給食食材の放射能測定について

給食食材の放射能測定について

桜川市では、より安心・安全な学校給食を提供するため、給食で使用する食材について簡易検査機器による放射性物質検査を実施しています。

■給食食材の放射能測定結果(平成30年7月20日現在)

検査日 該当施設 主な食材 測定結果(Bq/kg) 備考
セシウム134 セシウム137
7月17日(火) 学校給食センター  
 
 
真壁保育園  
7月18日(水) 学校給食センター たら、じゃがいも、玉ねぎ、にんじん 不検出 不検出  
 
岩瀬東部認定こども園 なす、ズッキーニ、かぼちゃ 不検出(11.4) 不検出(10.1)  
ほしのみや保育園 大根 不検出 不検出  
7月19日(木) 学校給食センター 鶏肉、小松菜、きゅうり、ニンジン 不検出(12.5) 不検出(11.0)  
 
やまと認定こども園 じゃがいも、玉ねぎ、人参 不検出(10.6) 不検出(9.58)  
 
7月20日(金) 学校給食センター 鮭、小松菜、かぼちゃ、ニンジン 不検出(12.4) 不検出(11.3)  

 
岩瀬認定子ども園 大根、ニンジン、きゅうり 不検出(9.92) 不検出(9.42)  
 


・単位はBq/kg(ベクレル/キログラム)です。

・「不検出」とは、カッコ内で示した「検出限界値」未満であることを表しています。また検出限界値は測定する条件により若干の差が出ます。

・詳しい使用食材については、献立表で確認してください。 

■実施機関

桜川市学校給食センター、南学校給食センター、市立認定こども園、私立保育園

 

■測定日

毎週火曜日~金曜日(平日の大和中央公民館開館日に準ずる)

 

■測定方法

原則、当日の食材(副食のみ)野菜・果物・肉・魚介類等をすべて混ぜ合わせ一括して測定します。

 

■測定核種

セシウム134・セシウム137

 

■測定結果による対応

測定の結果、合計が50Bq/kgを超える数値が検出された時は、その日の副食を止めることとします。その場合、その日は主食(ご飯、パン、めん類等)と牛乳のみの給食となります。

※参考

食品中の放射性物質の新基準(厚生労働省)

新基準(平成24年4月から) Bq/kg(ベクレル/キログラム)

一般食品

(野菜類、穀類、肉、卵、魚、その他)

100

飲料水

10

牛乳

50

乳児用食品

50

  

■測定結果の公表

測定結果は随時、このページで公表します。

 

■問い合わせ先

桜川市教育委員会学校教育課 / 0296-55-1198(ホームページ関係)

桜川市学校給食センター / 0296-58-8310(学校給食食材関係)

桜川市役所児童福祉課 / 0296-75-3156(認定こども園・保育園関係)

関連ファイルダウンロード

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは学校教育課です。

真壁庁舎 2階 〒300-4495 桜川市真壁町飯塚911番地

【電話番号】0296-55-1198(直通)
【ファックス番号】0296-20-7522

メールでのお問い合わせはこちら

アンケート

桜川市ホームページをより良いサイトにするために、皆さまのご意見・ご感想をお聞かせください。
なお、この欄からのご意見・ご感想には返信できませんのでご了承ください。
返信が必要な場合は、上記のお問い合せ用フォームからお問い合わせください。

Q.このページはお役に立ちましたか?
スマートフォン用ページで見る