1. ホーム>
  2. 生活・手続き>
  3. 福祉・健康>
  4. 健康・衛生>
  5. おたふくかぜ、ロタウイルス 予防接種費用の一部助成

生活・手続き

おたふくかぜ、ロタウイルス 予防接種費用の一部助成

平成29年4月1日から、任意の予防接種のロタウイルスの助成が変わります。
市民の方は、「おたふくかぜ(流行性耳下腺炎)ワクチン、ロタウイルスワクチン」を市内協力医療機関で接種する場合、一部助成を受けられます。
ロタウイルスワクチンについて1価及び5価、いずれも上限2回、1回4,000円の助成になります。

予防接種名

対象年齢

回数

1回の助成金額

おたふくかぜ

生後1歳以上小学校就学前年度末日までの者

2回

2,000円

ロタウイルス(1価)

生後6週以上生後24週に至るまでの者

2回

4,000円

ロタウイルス(5価)

生後6週以上生後32週に至るまでの者

2回

4,000円

おたふくかぜ(流行性耳下腺炎)

おたふくかぜ(流行性耳下腺炎)について

おたふくかぜはムンプスウイルスの飛沫感染によって起こります。片側あるいは両側の唾液腺に腫れや痛みなどを起こす感染症です。潜伏期間は約2~3週間です。

多くは耳下腺炎を起こし、耳の下、頬の後ろ側や顎の下が腫れ、発熱を伴います。物を食べるときに顎に痛みがあると訴えることが多いです。3~7日くらいで治ります。

合併症として最も多いのは無菌性髄膜炎で、頻度は1~10パーセントとされます。頻度は少ないですが、他に脳炎、膵炎などがあります。男性では精巣炎、女性では卵巣炎を合併することもあります。特に難聴合併への注意が必要です。

ワクチンの概要

ムンプスウイルスを弱毒化してた生ワクチンです。ワクチン接種を受けた人の90パーセント以上の人が免疫を獲得できるといわれています。ワクチンを受けていたにもかかわらず発症した人のほとんどは、軽くすんでいます。

副反応としては、耳の下に軽度のはれが1パーセントくらいにみられます。無菌性髄膜炎の副反応の頻度は、接種1,600人~2,300人に1例程度です。自然に感染して発症した場合と比べればとても少ない頻度です。また、症状は比較的軽くて、後遺症は残らないとも言われています。稀に難聴、精巣炎の報告があります。

接種方法

「おたふくかぜワクチン」の接種を希望する場合は、あらかじめ市内協力医療機関へ予約をしてください。接種の際には、母子健康手帳を持参してください。

予診票は、各医療機関に設置されています。

予防接種を受けることができない方

  1. 明らかに発熱している方(通常は37度5分を超える場合)
  2. 重い急性疾患にかかっている方
  3. 当該疾病に係る予防接種の接種液の成分によってアナフィラキシー(通常接種後30分以内に出現する呼吸困難や全身性のじんましんなどを伴う重いアレルギー反応のこと)を起こしたことがある方
  4. その他、かかりつけの医師に予防接種を受けないほうがよいといわれた方

予防接種を受ける際に、医師とよく相談しなければならない方

  1. 心臓血管系疾患、腎臓疾患、肝臓疾患、血液疾患、発育障害などの基礎疾患のある方
  2. 過去に予防接種で接種後2日以内に発熱、全身性発しんなどのアレルギーを疑う症状のみられた方
  3. 過去にけいれん(ひきつけ)をおこしたことがある方
  4. 過去に免疫状態の異常を指摘されたことのある方もしくは近親者に先天性免疫不全症の者がいる方

ワクチン接種後の注意

  1. 接種後30分間は、ショックやアナフィラキシーがおこることがありますので、医師とすぐ連絡がとれるようにしておきましょう。
  2. 接種後に高熱やけいれんなどの異常が出現した場合は、速やかに医師の診察を受けてください。
  3. 接種後4週間は体調に注意しましょう。また、接種後、腫れが目立つときや機嫌が悪くなったときは医師にご相談ください。
  4. 「おたふくかぜワクチン」の接種後、違う種類のワクチンを接種する場合には、27日以上の間隔をあける必要があります。接種間隔は接種した翌日から数えてください。
  5. 接種当日は激しい運動はさけてください。その他はいつも通りの生活で結構です。

接種後の健康被害

「おたふくかぜワクチン」の接種により健康被害(医薬品を適正に使用したにもかかわらず発生した副作用により入院が必要な程度の疾病や障害など)が生じた場合は、独立行政法人医薬品医療機器総合機構法による被害救済の対象となります。健康被害の内容、程度等に応じて、薬品・食品衛生審議会(副作用被害判定部会)での審議を経た後、医療費、医療手当、障害年金、遺族年金、遺族一時金などが支給されます。詳しくは、独立行政法人医薬品医療機器総合機構のホームページ等をご覧ください。

お問い合わせ先は下記のとおりです。
独立行政法人 医薬品医療機器総合機構 健康被害救済部 救済制度相談窓口
電話:0120-149-931(フリーダイヤル)

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは健康推進課です。

岩瀬第2庁舎 1階 〒309-1292 桜川市岩瀬64番地2

【電話番号】0296-75-3159(直通)
【ファックス番号】0296-75-4690

メールでのお問い合わせはこちら

アンケート

桜川市ホームページをより良いサイトにするために、皆さまのご意見・ご感想をお聞かせください。
なお、この欄からのご意見・ご感想には返信できませんのでご了承ください。
返信が必要な場合は、上記のお問い合せ用フォームからお問い合わせください。

Q.このページはお役に立ちましたか?
スマートフォン用ページで見る