生活・手続き

水道管の凍結防止について

 冬になると寒さにより水道管が凍ったり、破裂したりする場合があります。
 このような凍結を防ぐ方法として、厚手の布や市販の発泡スチロール系保温チューブなどを水道管に巻き付け、その上にビニールなどを巻いて直接冷気に触れないようにしましょう。

凍結しやすい水道管

  • 屋外にむき出しになっている管
  • 家の北側にあり、陽の当たらないところにある管
  • 風当たりの強い場所にある管

一般家庭でできる防寒の方法

  • 保温材や毛布、布切れで蛇口の上まで完全に包みます。
  • メーターを保護するためにメーターボックスの中に、使い古しの毛布や布切れ、発泡スチロール等を入れ保温してください。
  • 蛇口から細く水を流していると凍結しにくくなります。

水道管が凍ってしまった場合

  • 凍った場合は自然に溶けるのを待つか、凍ってしまった部分にタオルなどを被せ、ゆっくりとぬるま湯をかけてください。※急に熱湯をかけると、管や蛇口が破裂したり、給水装置をいためることがありますのでご注意ください。
水道管が破裂してしまった場合
  1. メーターボックス内のバルブを閉め、水を止めてください。
  2. この際、破損した箇所を布かテープ等でふさいでから修繕を依頼してください。

※水道メーターから蛇口までの漏水は水道課では修理できませんので、桜川市指定給水装置工事事業者へ修理を依頼してください。
※水道メーターの破損(メーターガラスが割れた等)は水道課が無料で交換いたします。また、水道メーター付近で漏水している場合も、水道課で修理できる場合がありますので水道課までご連絡ください。

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは水道課 工務グループです。

〒300-4495  桜川市真壁町飯塚911番地

【電話番号】0296-55-3112
【ファックス番号】0296-54-1957

アンケート

桜川市ホームページをより良いサイトにするために、皆さまのご意見・ご感想をお聞かせください。
なお、この欄からのご意見・ご感想には返信できませんのでご了承ください。
返信が必要な場合は、上記のお問い合せ用フォームからお問い合わせください。

Q.このページはお役に立ちましたか?
スマートフォン用ページで見る