生活・手続き

医療費助成について

医療福祉費支給制度(マル福)について

医療福祉費支給制度(マル福)とは

医療福祉費支給制度(マル福)とは、医療保険を使って医療機関などにかかった場合、窓口で支払う自己負担分の費用を助成する制度です。この医療福祉費支給制度(マル福)は茨城県と市町村が一体となり助成している制度です。


助成の対象となる医療費と対象にならない医療費
〈対象となる医療費〉

医療保険が適用された病院、診療所、薬局などの費用

〈対象とならない医療費〉

健康診断、妊婦の定期検診、予防接種、薬の容器代、文書料などの保険診療外費用や、入院時の食事代、差額ベッド代などは 助成の対象とはなりません。

〈幼稚園や学校等でけがをした場合の取り扱い〉

学校等(保育所含む)の管理下におけるケガなどは、学校等(保育所含む)で加入する日本スポーツ振興センター災害共済給付制 度が優先となります。マル福と併用した場合は、市へ医療費の返還をしていただく場合があります。


医療福祉費支給の対象となる方

小児

対象者期間更新手続きの時期所得制限額(注意)
【小児】
中学校3年生までの、父母または扶養義務者の所得がマル福の所得制限額を超えない児童(中学生は入院のみ)
受給者証の色・・・白+黄色
出生の日から中学校3年生の学年末(3月31日)まで 子の誕生月(1日生まれは誕生月の前月)
※ただし、小学校6年生は中学入学時
※更新該当者には誕生月の月末までに新しい受給者証を送付します。
父母の所得を比較し、高い方の所得が622万円未満(扶養1人につき38万円加算)、及び扶養義務者の所得が1,000万円未満
【小児支援】
中学校3年生までの、所得制限によりマル福を受けられない児童、または中学校1~3年の児童(外来のみ)
受給者証の色・・・黄色
上記に同じ 上記に同じ 所得要件なし
※未申告の方は、申告後の交付となります
 【高校生相当】
高校生相当の方に対し外来・入院ともに助成
受給者証の色・・・黄色
16歳になる年度当初から18歳到達後の最初の3月31日まで なし  所得要件なし

(注意) 申請の時期により所得の年度が異なります。詳しくは市役所国保年金課までお問い合わせ ください。


妊産婦

対象者期間更新手続きの時期所得制限額(注意)
【妊産婦】
母子手帳の交付を受けた妊産婦のうち、本人、配偶者、扶養義務者の所得がマル福の所得制限額を超えない方
受給者証の色・・・白色
母子手帳の交付を受けた月の初日から出産(流産を含む)の翌月末日まで なし 本人、配偶者の所得を比較し、高い方の所得が622万円未満(扶養1人につき38万円加算)、および扶養義務者の所得が1,000万円 未満
【妊産婦支援】
母子手帳の交付を受けた妊産婦及び所得制限でマル福を受けられない方
受給者証の色・・・黄色
上記に同じ なし 所得要件なし
※未申告の方は、申告後の交付となります。

【注意】
(1) 申請の時期により所得の年度が異なります。詳しくは市役所国保年金課までお問い合わせください。
(2) 妊産婦マル福は、産科・婦人科を受診した場合に限定されます。妊産婦支援は、妊産婦マル福の所得制限となった方及び産科・ 婦人科以外を受診した場合の医療費を市独自の制度で助成します。


重度心身障害者

対象者期間更新手続きの
時期
所得制限額(注意)
【重度心身障害者】
次のいずれかの状況にあって、本人及び扶養義務者の所得が所得制限額を超えないかた
(1)身体障害者手帳の等級が1級、2級、または3級の内部障害の方
(2)療育手帳の判定がマルA若しくはA判定の方
(3)障害年金1級を受給している方
(4)身体障害者手帳の等級が3級で、かつ療育手帳の判定がBの方
(5)特別児童扶養手当1級の支給対象となる児童
受給者証の色・・・ピンク色
左記の障害の状態でなくなるまで 毎年6月下旬に一斉に更新を行います。
資格等の確認が取れた該当者には、受給者証を送付します。
本人の所得が512万9千円未満(扶養1人につき38万円加算)、および扶養義務者の所得が636万7千円未満(扶養1人で24万9千円、 2人目以降1人につき21万3千円加算)
【障害者支援】
(1)~(5)のいずれかに該当し、所得制限により、マル福を受けられなかった方
受給者証の色・・・黄色
上記に同じ 上記に同じ 所得要件なし
※未申告の方は、申告後の交付となります。

(注意) 申請の時期により所得の年度が異なります。詳しくは市役所国保年金課までお問い合わせください。


ひとり親家庭

対象者期間更新手続きの
時期
所得制限額(注意)
【ひとり親家庭】
次のいずれかの状況にあり、本人及び扶養義務者の所得が所得制限額を超えない方
(1) 離婚、死別などにより配偶者のない方で、18歳未満の児童、20歳未満の障害児または高校在学者を養育しているかたとその児 童
(2) 父母のいない児童
(3) 父母のいない児童を養育している配偶者のない方
(4)配偶者が重度心身障害者マル福を受給しているかたとその養育されている児童
受給者証の色・・・ピンク色
児童が18歳になる年度末(3月31日)まで
(重度障害、高校在学の場合などは20歳になるまで)
毎年6月下旬に一斉に更新を行います。
資格等の確認が取れた該当者には、受給者証を送付します。
母(父)、子それぞれの所得が301万6千円未満(扶養1人につき38万円加算)、および扶養義務者の所得が1,000万円未満
【ひとり親支援】 上記の要件に該当し、所得制限により、マル福を受けられなかった方
受給者証の色・・・黄色
上記に同じ 上記に同じ 所得要件なし
※未申告の方は、申告後の交付となります。

(注意) 申請の時期により所得の年度が異なります。詳しくは市役所国保年金課までお問い合わせください。


制度を利用するには

申請手続きは、市役所国保年金課及び各支所で受け付けておりますので、下記のものを持参してください。
なお、申請が遅くなると、制度のご利用開始時期が遅れる場合がありますのでご注意ください。

申請に必要なもの(共通)

(1) 健康保険証(受給対象者分)
(2) 印かん(スタンプ印不可)
(3) 総所得金額、扶養人数、所得控除が記載されている所得証明書等(児童手当用)。※(例)住民税課税証明書など(市町村によっ て名称が異なります。)
(4) 県内転入の方は、前住所地の市町村で交付される『受給者証交付状況証明書』
※ 源泉徴収票は不可
※ 桜川市で所得確認ができない方(転入者等)は必要です。年度については市役所国保年金課までお問い合わせ下さい。

対象者ごとに申請に必要なもの

妊   産   婦・・・・・母子手帳
重度心身障害者・・・・・障害の程度が確認できる書類 (身体障害者手帳、障害年金証書、療育手帳など)
一 人 親 家 庭・・・・母子家庭、父子家庭であることが確認できる書類 (母または父の戸籍抄本など)

制度を利用したときの自己負担金

外  来

 ひとつの病院につき、1日600円まで(ひと月2回まで負担。同じ病院へ3回以上行った場合、3回目以降は自己負担なし。)

入  院

 ひとつの病院につき、1日300円まで(ひと月上限3,000円)

調剤薬局

 自己負担なし

※重度心身障害者は外来、入院の自己負担がありません(入院時の食事代、差額ベッド代等は除く)。


病院や薬局などにかかるとき

県内の医療機関を受診した時

  病院や薬局などの窓口で、健康保険証とマル福受給者証を提示してください。

  制度上の自己負担金のみ、お支払いただきます。(保険外費用については別途お支払ください)

※妊産婦マル福は、産婦人科又は産婦人科の紹介により産婦人科以外の医療機関を受診する場合に限ります(産婦人科処方の 調剤含む)。(白色の受給者証の方)

産科・婦人科以外を受診した場合は、市単独助成となりますので、医療機関からの受診証明書と領 収書をご持参いただき、下表の償還払い申請が必要となります。下表を参照してください。(緑・黄色の受給者証の方 )

※黄色の受給者証の方は、受診証明書は不要です。


県外の医療機関を受診した時

  病院や薬局などの窓口では受給者証の利用はできません。会計の際は健康保険証を提示し、いったん健康保険自己負担分をお 支払いください。

 後日、償還払い申請により、健康保険自己負担分からマル福自己負担金を差し引いた金額を助成いたします。

 償還払い申請方法は下記のとおりです。

償還払い申請について
申請期間 受診してから5年
※期間が過ぎると申請できませんので、お早めにお手続きください。
持参するもの 医療機関の領収書(同月分まとめて申請してください。)
印かん(スタンプ印不可)
口座番号などがわかるもの(通帳、キャッシュカードなど)
マル福医療福祉費受給者証
健康保険証
高額療養費、附加給付などの支給決定通知書(給付の対象となった場合)
支払方法 口座振込
申請場所・日時 岩瀬庁舎・・・国保年金課
真壁庁舎・・・総合窓口課
大和庁舎・・・総合窓口課
※月曜日から金曜日 午前8時30分から午後5時15分まで(祝日・年末年始・閉庁日を除く)

そ の 他

(受給者証の記載内容が変更された時や受給者証を紛失したとき等は、届出が必要となります)

健康保険証が変わったとき 医療福祉費受給者証・新しい健康保険証
印鑑(スタンプ印不可)
住所、氏名、扶養義務者が変わったとき 医療福祉費受給者証・印鑑(スタンプ印不可)
市外へ転出、または死亡したとき 上記に同じ
重度心身障害者の障害の程度が軽くなったとき 上記に同じ
婚姻などによりひとり親家庭ではなくなったとき(事実婚含む) 上記に同じ
流産、または死産したとき 上記に同じ
受給者証を紛失したとき 受給対象者の健康保険証・印かん・来庁される方の身分証明書(運転免許証等)

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは国保年金課 医療年金グループです。

〒309-1292 桜川市岩瀬64番地2

【電話番号】0296-75-3125(直通)
【ファックス番号】0296-75-5672

アンケート

桜川市ホームページをより良いサイトにするために、皆さまのご意見・ご感想をお聞かせください。
なお、この欄からのご意見・ご感想には返信できませんのでご了承ください。
返信が必要な場合は、上記のお問い合せ用フォームからお問い合わせください。

Q.このページはお役に立ちましたか?
スマートフォン用ページで見る