生活・手続き

上水道について

(新しいウインドウで開きます)上水道のあんなことこんなこと

にごり水が出る場合は?

 水道水が茶色に濁る場合は、断水作業におけるバルブ操作や家庭内の給水装置が古くなった場合、使用水量の急増に伴い、管の中を流れる水の早さや方向が変わり、管内面などの鉄さびや水あかが流れたものです。
 また、水道水が白く濁る場合は、管内に入った空気が水道水にかき回されて、無数の小さな泡となって水に混じって流れるものです。しばらく水を出していただくと、きれいな水になりますので、汲み置きして有効にご利用ください。

漏水、故障について

 給水装置は、建物の所有者が設置したもので、所有者の財産です。
  したがって、水道メーター以外の給水装置の漏水修理などの費用は、所有者(お客様)のご負担になります(ただし、メーターから道路部分(補助バルブ、止水栓など)の漏水修理は市の負担で行います。)
  道路やメーターボックスの中で水が漏れているときは、水道課(市役所代表TEL0296-55-1111)へお知らせください。
 

漏水、故障について

 

水道の応急手当

 修理におうかがいするまでの間、次のような応急手当をしておきましょう。

  • 補助バルブを止める。
    ハンドルを右方向に回して水を止めてください。(補助バルブはメーターボックスの中にあります。)
  • 補助バルブを閉めても、水が止まらなかったときは。
    破裂した部分にビニールテープなどをしっかり巻きつけ、針金かひもでしばってください。
  • 蛇口の水が止まらないとき
    蛇口のハンドルをいくら閉めても水が止まらないときは、蛇口の中のパッキンを取り替えてください。ほとんどの場合、これで止まります。

今月の漏水当番

給水装置に修理が必要となる場合は、市の指定給水装置工事事業者及び水道課までご連絡ください。

 

定期水質検査について

 自宅の井戸水等を検査したい方は、水道課へご連絡願います。(電話可)

受水槽の清掃と検査が義務づけられています。

 貯水槽水道に関して水道事業者および貯水槽水道の設置者の責任を、供給規定において明確に定めることが必要になりました。
  これにより、従来まで管理責任が明確になっていなかった小規模の貯水槽についても、徹底した管理責任が求められることになりました。今後はすべての貯水槽の責任の所在が明確になることにより、清掃や検査など適正な管理を求めることが可能になります。
  安全で安心な水の確保のためにも、お住まいの貯水槽がどのようになっているかを点検してみることを、ぜひお勧めします。
  アパートやマンションなどの受水槽以降の管理は所有者(管理者)のみなさまでお願いします。
  受水槽から蛇口までの装置の管理は、所有者(管理者)の責任になります。所有者(管理者)が常に衛生的で安全な水を供給できるよう、水質の管理をすることになっています。
 アパートやマンションなどの給水方式は、配水管から引き込んだ水をいったん建物内の受水槽に貯め、ポンプや高架水槽を経由して給水する方式をとっています。

関連ファイルダウンロード

Get Adobe Reader

PDFファイルをご覧いただくにはAdobe Readerが必要です。
お持ちでない方は、左のボタンをクリックしてAdobe Readerをダウンロード(無料)してください。

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは水道課です。

真壁庁舎 2階 〒300-4495 桜川市真壁町飯塚911番地

【電話番号】0296-55-1111(代表)
【ファックス番号】0296-54-1957

メールでのお問い合わせはこちら

アンケート

桜川市ホームページをより良いサイトにするために、皆さまのご意見・ご感想をお聞かせください。
なお、この欄からのご意見・ご感想には返信できませんのでご了承ください。
返信が必要な場合は、上記のお問い合せ用フォームからお問い合わせください。

Q.このページはお役に立ちましたか?
スマートフォン用ページで見る