1. ホーム>
  2. 生活・手続き>
  3. 手続きと申請>
  4. 国民健康保険(国保)>
  5. いったん全額自己負担したとき

生活・手続き

いったん全額自己負担したとき

療養費

 次のような場合は申請いただくと、国民健康保険団体連合会が内容を審査し、決定した額の一部が療養費として後で払い戻されます。

  1. 旅行中に急病にかかり、国民健康保険を取り扱っていない病院で治療を受けたり、また被保険証等を携帯していなかったので提出できずに治療を受けたとき。
  2. 保険診療において、保険医が治療上必要と認めたコルセットなどの補装具をつくったとき。
  3. 医師の指示で、あんま、マッサージ、はり、灸などの施術を受けたとき。
  4. 骨折や捻挫などで国保を扱っていない柔道整復師の施術を受けたとき。
  5. 手術などで輸血に用いた生血代(医師が認めた場合で第三者に限る)。
  6. 海外旅行などで海外で受診したとき。
申請に必要なもの
  • 療養費支給申請書・保険証・領収書・印かん・口座振込のため世帯主の口座番号のわかるもののほか、次のもの。

上記1の場合…診療内容の明細書
2の場合…医師の診断書
3の場合…医師の同意書
4の場合…明細のわかる領収書
5の場合…医師の診断書・輸血用生血液受領証明書・血液提供者の領収書
6の場合…診療内容の明細書(外国語のときは日本語に翻訳したもの)、パスポート

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは国保年金課です。

岩瀬第1庁舎 1階 〒309-1292 桜川市岩瀬64番地2

【電話番号】0296-75-3125(直通)
【ファックス番号】0296-75-5672

メールでのお問い合わせはこちら

アンケート

桜川市ホームページをより良いサイトにするために、皆さまのご意見・ご感想をお聞かせください。
なお、この欄からのご意見・ご感想には返信できませんのでご了承ください。
返信が必要な場合は、上記のお問い合せ用フォームからお問い合わせください。

Q.このページはお役に立ちましたか?
スマートフォン用ページで見る