1. ホーム>
  2. 生活・手続き>
  3. 手続きと申請>
  4. 国民健康保険(国保)>
  5. 国保に加入するとき、やめるとき

生活・手続き

国保に加入するとき、やめるとき

国民健康保険加入・喪失の手続きについて

※国保への加入は届け出をした日からでなく、国保に加入する資格を得た日からになります。届け出が遅れるとさかのぼって保険税を納めなければなりません。職場の健康保険などをやめたときはすぐに届け出をしましょう。

国民健康保険に加入するとき
申請理由 持ち物
桜川市に転入したとき 顔写真つきの身分証明書
(免許証など)

いずれも次の場合は左のものと一緒にお持ちください。

  • 加入者と別世帯の方が手続きをする場合は委任状

会社などの健康保険をやめたとき 退職証明書
離職票
健康保険資格喪失証明書
(どれか1つ)
健康保険の扶養から外れたとき 健康保険扶養喪失証明書
子どもが生まれたとき 印かん
(朱肉を使用するもの)
退職者医療制度について…

老人保健法の適用を受けていない方で、厚生年金や共済年金を受給されている方(遺族年金を除く)のうち、その加入期間が20年以上、もしくは40歳以降で10年以上ある方は退職者医療制度の該当者となり、保険証が変わります。保険証と印かん、加入期間の記載がされている年金証書をお持ちください。

国民健康保険をやめるとき
申請理由 持ち物
桜川市から転出するとき 全員の国民健康保険証 いずれも次の場合は左のものと一緒にお持ちください。
・加入者と別世帯の方が手続きをする場合は委任状

会社などの健康保険に加入したとき 全員の国民健康保険証
社会保険証
死亡したとき 国民健康保険証
喪主の印かん(朱肉を使用するもの)
その他の異動
申請理由 持ち物
桜川市で住所が変わったとき 全員の国民健康保険証

いずれも次の場合は左のものと一緒にお持ちください。

  • 加入者と別世帯の方が手続きをする場合は委任状

 

世帯主・世帯構成が変わったとき 全員の国民健康保険証
氏名が変わったとき 全員の国民健康保険証
保険証を紛失・汚損などしたとき(再交付) 国民健康保険証
(汚損時)
顔写真付きの身分証明証
(免許証など)

修学特例の保険証の手続き

親の扶養を受けている方が大学や専門学校などに修学するため住所を市外に異動した場合、届出をすると特例的に桜川市の保険証が使えます。

申請種類   持ち物
修学のために住民登録を市外に移している方 国民健康保険証
在学(在校・在籍)証明書
住所地特例制度

 国民健康保険には、住所地(住所登録地)の市町村でご加入いただくことが原則です。
ただし、下記のような事情により住所を他の市町村の福祉施設等に移す場合、引き続き桜川市の国民健康保険を継続していただくことになります。

  1. 市町村等の措置により、特別養護老人ホームや児童福祉施設などの福祉施設に入所する場合
  2. 介護保険の適用により、介護保険施設に入所する場合
  3. 一般の医療機関に1年以上入院する場合

このような制度を「住所地特例制度」と呼びます。
これは、福祉施設等が集中する市町村の国保財政を圧迫させないための取り扱いです。転出手続きをするときに、桜川市の国民健康保険担当窓口にご相談下さい。

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは国保年金課です。

岩瀬第1庁舎 1階 〒309-1292 桜川市岩瀬64番地2

【電話番号】0296-75-3125(直通)
【ファックス番号】0296-75-5672

メールでのお問い合わせはこちら

アンケート

桜川市ホームページをより良いサイトにするために、皆さまのご意見・ご感想をお聞かせください。
なお、この欄からのご意見・ご感想には返信できませんのでご了承ください。
返信が必要な場合は、上記のお問い合せ用フォームからお問い合わせください。

Q.このページはお役に立ちましたか?
スマートフォン用ページで見る